Myエリア設定

保存

家づくりは「土地選び」から?

木の注文住宅を100棟以上建ててきた「創建工房代表の松藤慎二郎氏に聞く! マイホームを考え始めたばかりのママに、家づくりの極意をお伝えする“成功するための家づくり講座”。興味を持った方は、創建工房が主催する『家づくり 寺子屋(全5回)』にもご参加してみてくださいね。

後悔しない!成功するための家づくり講座 ~マイホームが欲しいママに成功の秘訣を教えます~

<今月のテーマ>
家づくりは「土地選び」から?

 マイホームが欲しい!そう思ったら始めるべきは「学ぶ」こと。
この『家づくり講座』では、そんな家を創りたいママの疑問や不安を解決するために、後悔しない家づくりの秘訣をお伝えします。

家づくりのプライオリティは「場所」?

家づくりの第一条件となるのが土地。学区、通勤、そのエリアが好き等々、その理由はさまざまですが、特定場所にこだわり家を探すという方がほとんどです。こうした「場所ありき」の場合、その「場所」で販売されている建売り住宅を見学し、価格が折り合えば、数時間で購入を決めるという方も多くいらっしゃいます。
 次に多い選択肢としては「お気に入りの土地を買い、家を建てる」というパターンです。このエリアで一番多いのが、「建築条件付き」の土地販売。いわゆる「売建て住宅」というものです。建築条件というのは、例えば「土地を販売する不動産会社Aの指定する工務店Bと3ヶ月以内に契約し、家を建てること」といったものです(この条件を満たさないと土地売買は白紙に)。狙い通りの場所だし、自由設計なのだから注文住宅とほぼ同じ!と思いがちなこの売建て住宅には、実はさまざまなリスクが隠れているのです。

「建売り住宅」に潜むリスクとは

 そこで、この「売建て住宅」の仕組みをご紹介しましょう。不動産会社であるAは、人気エリアの土地を銀行からの借入金で購入します。ここで、不動産会社はほとんど自社で建てることはありません。場所さえ良ければ家のテイストやクオリティに力を入れなくても必ず売れるので、余計な労力はかけたくありません。そこで、工務店Bにあとは丸投げ。BはAに提示されている予算内で建築します。つまり、自由設計といっても決められたフォーマット内で選択肢がある、という意味に過ぎません。そして、打ち合わせにおいてもAが関わることはほとんどなく、Bと話すわけですが「話が通じない」「態度が悪い」というトラブルも起こりがちです。さらに、入居後に不具合が発生した場合、Aに問い合わせてもBに丸投げする、もしくはBに責任転嫁するなど誠意ある対応が期待できないことも。最悪のシナリオとしてBが倒産している場合、「建築契約はBと締結しているため、Aは何ら責任を取らない」ということもあるのです。

あなたは「土地」に住みますか?それとも「家」に住みますか?

 場所にこだわるがために、建築条件付きの土地を購入する↓売り手は、借入金にかかる金利支払いを避けるため一日も早い建築を急かす↓住み心地やメンテナンスのことも加味されず突貫工事のように家が建つ―ある一部ではこういったことが行われているのが現状です。消耗品の販売ならいざ知らず、「人が暮らし、住まう家」がこのような売り方で良いのでしょうか。私は、同じ業界人として正直「ダメだろう」と思うのです。しかし、ここはビジネスですから、こうした販売方法が存在すること自体は致し方ないことかもしれません。とすれば、やはり買う側が最低限の知識を持ったうえで、家を購入しないといけないと思うのです。
 では、どうすればよいか?極論を言うと、「土地(住む場所)だけにこだわった家づくりをしてはいけない」に尽きます。駅近の便利な場所に住みたいのは誰もが同じです。ただ、場所だけで決めてしまうと思わぬ落とし穴があることも。家とは、いわば人の命を守る場所。メンテナンス、ランニングコストはもとより、子どもを守るための安心・安全性を追求したものでなければ意味がありません。
 あなたは「土地」に住みますか?それとも「家」に住みますか?今一度、心に問いかけ、「家に住むこと」にこだわってみてほしいなと思います。

縁 創建工房(えん そうけんこうぼう)

代表取締役
松藤 慎二郎

大工としてたくさんの現場に携わった後、2000年に兄と「松藤住建」を設立。
「子の代、孫の代まで住み継ぐことができる、21世紀の民家を作る」と決意をして2007年に独立。現在の「縁 創建工房」を立ち上げる。
細部までこだわった、自然素材の家づくりが口コミで評判となり、住宅専門誌等でも多数紹介されている。

縁 創建工房
 ■住所/寝屋川市萱島東3-18-8 
 ■営業時間/9:00~19:00
 ■定休日/毎週水曜日

http://www.sokenkobo-en.co.jp/

18 件

関連記事

Recommended