Myエリア設定

保存

<オシャベリーナ>まみたんママの座談会 毎月開催☆参加者募集中!

まみたん編集部では毎月テーマ別に、ママさん達と気軽にワイワイお話していただくく座談会「まみたんオシャベリーナ」を開催!お子様連れでもOK!

11月開催「住宅について」の座談会に参加しませんか?

現在、11月開催の参加ママを募集しています♪
お子様連れでも大丈夫で~す♪

■日時/11月20日(火) 10時~12時

■場所/(株)関西ぱど 北大阪支社 
枚方市三矢町5-18 メゾン枚方ビル1F
(枚方市駅徒歩約7分)

■テーマ/「住宅」について
現在お住まいの住宅や、これからの夢のマイホーム等について、みんなでワイワイお話しませんか?

※掲載テーマが変更になる場合もございます。
※オシャベリーナの内容は、まみたん誌面・まみたんWEBでご紹介!

■特典/まみたんレジャーシートをプレゼント!

■人数/6名様(応募多数の場合は抽選)
※ご参加頂く方にメール又はお電話にてご連絡致します。
※ご参加の方は、まみたん誌面やWEBにアップされます。

【締切】11月11日(日)

日頃のストレス解消に!ママ同志の交流に!
お喋りしたいママさんは下記からお気軽にご応募下さい。

↓ ↓ ↓

妊娠出産の エピソード

妊娠したら気になるテーマ。
先輩ママが出産について
色んなエピソードを語ってくれました。
「わかる~!」って同感できる話も
「そうなんだ~」と初めて聞く体験があったり。
たくさんありました!

【かよこママ】
高校生、小学生の双子、幼稚園の4人の男の子と2歳の長女、計4回の出産を経験しましたが、慣れることは一切なく、どの出産も驚きの連続でした。2600gの双子を産む時は大変でしたし、4人目は予定日を10日ほど経過して産まれました。長女は逆子で4回目にして初めて帝王切開を経験。簡単に生まれた子はひとりもいません。子育ても壮絶で、どの子も1時間ごとにおっぱいをあげていました。双子には腕立て伏せの姿勢で同時にあげていましたよ(笑)。でもなぜか全然痩せません!パパは初めての女の子が可愛いらしく、おかしをやたら買ってあげたり優しい(笑)。男の子と対応が違うのがおもしろいです。

【あいママ】
結婚後すぐに子どもが欲しかったのですが、なかなか妊娠せず病院へ。生理不順もあり、排卵しにくく自然妊娠は難しいといわれたんです。しかしお金のかかる不妊治療をしてまで子どもを望まないという意見が旦那と一致し、犬を飼って、二人の生活を楽しもうと思っていた頃、突然授かりました。結婚後8年が経過していましたがうれしかったです。マタニティライフは、最初は順調でしたが、逆子が戻らず予定日1ヶ月前から入院。切迫早産となり、39週になる前に産みました。生まれた時は今まで見守ってくれていた両親も涙を流して喜んでくれて。親孝行ができて良かったな、とうれしかったです。

【ちはるママ】
1人目は入籍した1ヶ月後に妊娠が発覚。旦那に「プレゼント」とサプライズで検査薬を見せたのを覚えています。2人目は、長女が1歳ちょっとの時に授かりました。計画をしていなかったのですがうれしかったです。出産時は大変で、長女は、いきんでいる最中に血圧があがり、吸引分娩に。長男は、39週目で血圧があがり、救急搬送。促進剤で出産しました。2人目は子連れ入院ができる病院を選んでいたのに、救急搬送になったため、部屋にもはいれずでした。2歳前だった長女を、旦那の実家に2~3日預けたのですが、退院後久しぶりに娘に会うと、よそよそしくなっていて寂しかったという想い出があります。

【あやかママ】
初めての出産は、つわりがひどくて仕事にも行けず寝たきりになるほどでした。レモンウォーターばかり飲んだり。つわりは、性別がわかる頃にやっとましになりました。出産時は、夜中に陣痛がきて、病院に電話したのですが様子を見るようにいわれ、5分間隔になってきた4時くらいに旦那を起こして急いで病院へ。車の中ですごく痛くなって。病院に着いて分娩台にあがり、1時間くらいで生まれて危機一髪でしたが、安産だったのでよかったです。少し体重は減りましたが初めての子育を楽しんでいます。旦那も溺愛していて、仕事から帰ってきたら子どもと遊んでいます。次は女の子ができたらいいな!

【ともこママ】
ハネムーンベイビーの長女は、元気に生まれてくれましたが、その後は2人立て続けに流産しました。不安に押しつぶされそうな時、主治医の女医さんが同じ経験をされていて、親身に励ましてくださった想い出があります。
その後、2人の子どもを無事出産。次女は、当時病院に導入されたばかりの畳の部屋での出産にチャレンジ!畳の部屋はつかまるところがないので大変なのですが、貴重な経験をしました。旦那が駆けつけてくれたタイミングで無事に生まれたので次女は今もパパが大好きです。
2度の流産はつらかったですが、あの時の経験が私には、必要だったんだと思えるように。幸せな日々に感謝する毎日です。

15 件

この記事を書いた人

まみたん京阪編集部

Recommended