Myエリア設定

保存

まみたん×Parks Land! ママん家プロジェクト3 ストレスフリーな共働きの家編 第2回

ママさん達から出た、あれがいい!これがいい!こうしよう!ああしよう!を元にお家を1軒建てちゃおう!と始まったのが「ママん家プロジェクト」。 第3弾目の!今回のテーマは「ストレスフリーな共働き家族の家」。 今回は、前回のママのアイデアを元に出来上がった間取りを見ながら、 あれがいい!これがいい!と話をして貰いました!

子育てママのママによるママの為のお家づくりプロジェクト第3弾♪

私たちのアイデアでモデルハウス一軒建てちゃいます!
〜ストレスフリーな共働きの家編〜

★間取りイメージ 1

★間取りイメージ 2

★間取りイメージ 3

★間取りイメージ 4

◆ママん家プロジェクトってなぁに?

子育て真っ最中のママ達が持ち寄ったアイデアを参考にして1軒のモデルハウスを建てちゃおう!という何ともママファーストな家づくりプロジェクトです。前回持ちよったアイデアを元に完成した図面を、さらにブラッシュアップする2回目のプロジェクトミーティング!「ここは採用!」「コレはいらない!」etc…。
今回も色々なアイデアや意見が飛び交いました。
さてさて、どんなお家が出来るのか?お楽しみください。

◆前回の意見を反映した4つの間取が完成

編集:ママん家プロジェクト3では、「ストレスフリーな共働き家族の家」をテーマに、計3回の座談会を実施。2回目の今日は、1回目で話し合った意見が反映された4パターンの図面を元にさらにアイデアを聞いていきたいと思います。
歩ママ:①の間取りは、浴室・洗面が2階になっていますね。我が家も同じような間取りですが、子どもが生まれてからは、子どもを抱っこしながらの階段の昇り降りが大変で。
千晶ママ:お風呂を入れる時間にもよるのかな。そのまま寝かせられるなら2階は便利ですよね。
沙有理ママ:夕食の前にお風呂に入れるなら確かに面倒くさいかも…。①と③は並列で2台駐車できるのがいいですね。①は、リビングが20帖あるのが理想的です!
森本社長:水回りを2階にもっていくことで1階が広くなっています。
琴美ママ:私も①がいいです。実家も水回りが2階なので慣れているのもあって。

歩ママ:でも、子どもが小さいうちはママひとりで面倒を見ながら2階のお風呂に入れるのは負担になりそう。パパや祖父母など大人の手が多かったらいいのですが。 智子ママ:②の室内物干しが魅力的。④の1階のサンルームは広くていいですね。子供用の収納スペースも作れそう。①はカウンターを子どもの勉強机として使えそうなので、リビングのキッズコーナーはいらないかな。その代わりに2階の浴室・洗面を1階にもってこれたら最高!
森本社長:ダイニングのカウンターが広ければ、キッズコーナーはいらないですか?
千晶ママ:子どもが小さいうちはおもちゃがいっぱいあるから、キッズコーナーは欲しい。ソファを置かずにマットを敷いてキッズコーナーにすればいいですけどね。
廣岡さん:浴室・洗面は1階がいいという意見が多いですね。
沙有理ママ:2階のインナーバルコニーはすごくいいです!これがあったら室内干しスペースははいらない。
琴美ママ:雨の日もプール遊びできますね。

編集::インナーバルコニー、これは採用決定ですね!では、多数決を取りましょう。①の間取り通り浴室・洗面2階のままがいいか、キッズコーナーを省いて浴室・洗面を1階に持ってくるのがいいか。(浴室・洗面2階派2人、浴室・洗面1階派3人という結果に)
千晶ママ:シューズクロークは、もう少し狭くていいかな。玄関の手洗い場付近の収納もいらないので、ちょっとでもリビングを広くしてほしいです。1階に浴室・洗面をもってこれるなら、縦列駐車になっても我慢します(笑)。
編集:1階のリビングの広さが最優先ということですね。キッチンについては何か意見ありますか?
沙有理ママ:(イメージ写真を見て)①のキッチンはいい雰囲気ですね。
琴美ママ:おしゃれでステキ!
千晶ママ:キッチンは、壁からガス台までどれくらいの幅がありますか?狭いと料理しにくいので気になります。
廣岡さん:1m45cmはあります。
智子ママ:1mあれば子どもとお料理をするにも十分だと思います。広すぎても動きが大きくなるので大変。
沙有理ママ:ダイニングテーブルに椅子も備え付けならうれしい。自分で選ぶのは、高さや色合いを合わせるセンスがいりそうなので(笑)。
千晶ママ:耐震面を考えたら、食器棚も備えつけがうれしいです。冷蔵庫も食器棚も隠せる扉がついていたら、子どもがイタズラしなくていいですよね。
智子ママ:主人が書斎にいる時間が長いので、2階の書斎に窓がついていたらいいなと思います。
森本社長:それは書斎の入口が廊下からか主寝室からかによって可能になります。
千晶ママ:寝室が横にあると寝てしまいそうなので、廊下から入るほうが仕事や勉強をするにはいいかもしれませんね(笑)。
編集:バス・洗面を1階にもってきたら、書斎も広くできるのでは?
廣岡さん:確かに余裕ができますね。
千晶ママ:それなら2階のウォークインクローゼットを広くしてほしいな。
智子ママ:インナーバルコニーの横にウォークインクローゼットがあれば。子どもが小さいうちは、家族の衣類を全部一緒に片付けたいです。
森本社長:ファミリークローク的な感じですね?
歩ママ:物を置けるスペースがたくさんあるといいですよね。フリースペースがあれば、子どもが秘密基地にしてもい
いし。
琴美ママ:クローゼット兼のファミリースペースがあったらいいですね。アイロンかける場所があってもいいかも。 廣岡さん:ロフトか小屋裏収納が標準で選べるのですが、みなさんどちらがいいですか?ロフトは天井が高くなり解放感が生まれる、屋根裏は荷物に埃がつかないという特徴があります。
沙有理ママ:マンション住まいなので、ロフトは単純に憧れます。
智子ママ:モノを増やしたくないから物置きとしてはいらないけど、我が家は子どもが多いので、ロフトがあれば、主人をそこで寝かせたいです(笑)。
歩ママ:我が家は、主人がアウトドア好きでキャンプ用品などの荷物が多くて。外には置きたくないので、収納場所に困っています。ロフトや小屋裏収納があれば助かります。
琴美ママ:ロフトがいいかな。屋根裏は荷物を運ぶのがたいへんそう。

千晶ママ:2階はエアコンが効きやすいように子ども部屋がつながっていて、将来的に分けられるようにそれぞれ扉付きならうれしい。効率よく循環するような空調があれば。
琴美ママ:子ども部屋がつながっていたら、10畳用のエアコンが必要なのでは?
智子ママ:キャスター付きの可動式のクローゼットで部屋を仕切るというのはどうでしょう。
廣岡さん:なるほど。動かせばフレキシブルに部屋の大きさが変えられるんですね。おもしろいですね!
編集:ママの意見をまとめると、4種の図面の中で①が一番人気ですね。●クルマ並列駐車●キッズコーナーを省き、シューズクローゼットを狭くして1階に浴室・洗面●子ども部屋を繋げて真ん中を扉●ロフトをつける●廊下から出入りできる書斎にして窓をつける●ウォークインクローゼットを大きくしてファミリーパントリー●インナーバルコニーに水道と物置
一同:完璧です!
森本社長:できるだけ取り入れるように頑張ります!

◆座談会を終えて…

森本興産株式会社 代表取締役社長 
森本 良太さん

キッチンの寸法や冷蔵庫の置き場所についてなど、今日は具体的な話がたくさん出たので、入居者さんと話しをしているようでした(笑)。可動収納や全室換気などおもしろい提案もあり勉強になりました。できるだけ実現できるように頑張ります!

森本興産株式会社 リーダー 
廣岡 大学さん

実際の使い勝手については、家にいる時間が長い女性の意見は本当に貴重です。男性目線だとどうしても視野が狭くなってしまうので。家族のスタイルに合わせてフレキシブルに対応できるような発想が必要だなと感じました。

⚫︎今回のプロジェクトメンバー

風水的には、玄関に入ってすぐにトイレと浴室などの水回りがあったら気が流れるのでよくないといいます。家の真ん中は、運気が集まる場所なので、吹き抜けや階段ではなく、リビングなど人が集まる場所がある方がいいんですよ。なので①は理想的な間取りです!

図面には、前回話し合った内容がほとんど反映されていて、新しい発想が詰まっていて感動しました!特に2階のインナーバルコニーが気にいりました。我が家はマンションなので憧れます。素敵なバルコニーに室外機がたくさんあると残念なので、全室換気など効率の良い空調ができたらいいですね。

以前、我が家の冷蔵庫を買い替えようとした時に、玄関の扉の幅が足りなくて業者さんに持って帰ってもらったことがあります。キッチンの窓からも入らなくて。入居時は窓枠を外して搬入できても、数年後に買い替えたい場合大変なので、扉のサイズは余裕があればうれしいですね。

実家の一戸建ては、リビングが1階で、2階に浴室・洗面とインナーバルコニーがあるので便利でしたが子どもが生まれてからは、ちょっと不便に感じる部分も。水回りが2階にあると生活にメリハリがついて良い面もあります。子どもが大きいなら問題ないかもしれません。

我が家は浴室・洗面が2階です。子どもが生まれるまでは、洗濯物を2階のベランダにそのまま干せて便利だったのですが、子どもが生まれてからは、風呂掃除の間も「ママ!」と呼ばれるのでその都度1階に降りないといけなくて。子どもを抱いて階段を昇り降りすることにかなりストレスを感じています。

61 件

Recommended