Myエリア設定

保存

「高気密」と「高断熱」ってなに?

木の注文住宅を100棟以上建ててきた「創建工房代表の松藤慎二郎氏に聞く! マイホームを考え始めたばかりのママに、家づくりの極意をお伝えする“成功するための家づくり講座”。興味を持った方は、創建工房が主催する『家づくり 寺子屋(全5回)』にもご参加してみてくださいね。

夏涼しく、冬暖かい。それが、高気密・高断熱の家

 寒さが厳しい季節がやってきました。昔の日本家屋といえば、「夏涼しく、冬寒い」が常識でした。その原因は“スキマ”。そういえば、実家ではどこからか冷たい風を感じていたなぁと思い出す方も多いのでは?そこで、最近の住宅では、そんな外気を入れず、いわば密閉空間状態を生み出す高気密性、外の熱を遮断する高断熱性が謳われるようになっています。気密性を高めることで、スキマのない家を創り、断熱することで魔法瓶のように効率よく室内を保温する。つまり、エアコンがすぐに効き、その熱が逃げずに維持できる!理屈としてはこういうことですが、スキマがなくなる=結露というリスクがぐんとアップしてしまいます。結露になると、窓や周辺の壁、床はびちゃびちゃ、時にはカビが発生してしまうことも。やはり温度維持のためには、結露は致し方ないものなのでしょうか?

結露リスクのカギは「窓」!?

 結論から申し上げると、そのリスクは回避できます。例えば、床、壁、屋根の空気の通り道である通気を計算した構造にする等、技術的なことは言い出すときりがないので割愛しますが、そのカギのひとつは「窓」にあります。これまでの住宅の窓枠はアルミサッシがほとんど。熱を伝えやすいアルミは、寒い日に触ってみると、ヒヤッとしますよね。つまり、外気の熱を内側にも伝えてしまっているのです。そこで近年登場しているのが、当社でも全棟で採用している樹脂サッシ。断熱率の高い樹脂を使った窓枠にするだけで、熱の流出が大幅に軽減できるのです。ただ、気になるのはコスト面。その差は膨大ですが、光熱費などランニングコストを考えると、必ずそれを上回る
だけの効果を実感できます。
 その他、24時間換気システムで空気の循環率を高めることや、当社のように、羊毛断熱材や無垢材など調湿機能のある天然素材を使うことも、非常に高い効果を発揮します。

“快適な家”は、家族の健康寿命をも支える

 高気密・高断熱住宅のメリットとして、何より一番忘れてはならないのは、健康リスクの軽減です。冬は、ほかの季節に比べるとおよそ18%も死亡者が増加しているというデータがあります。その原因の多くは、心筋梗塞や脳梗塞。つまり、暖かいリビングから浴室など寒い空間に移動した際、その温度差により疾患を引き起こしてしまうのです。驚くことに、こうした家庭内事故は、交通事故より多いのだとか。これだけでも、温度を一定に保つことがどれだけそのリスクを回避させるかがわかります。さらに、寒い部屋の温度を10℃上げることで目覚めもすっきり、疲労回復につながり、睡眠効率が9%はアップするのだとか。
 このように、家って実は、家族の健康寿命をも支えるすごい役割を果たしているんだということにも着目し、ぜひ後悔のない家づくりの指針にしていただければと思います。

大工としてたくさんの現場に携わった後、2000年に兄と「松藤住建」を設立。
「子の代、孫の代まで住み継ぐことができる、21世紀の民家を作る」と決意をして2007年に独立。現在の「縁 創建工房」を立ち上げる。
細部までこだわった、自然素材の家づくりが口コミで評判となり、住宅専門誌等でも多数紹介されている。

縁 創建工房
 ■住所/寝屋川市萱島東3-18-8 
 ■営業時間/9:00~19:00
 ■定休日/毎週水曜日

http://www.sokenkobo-en.co.jp/

17 件

Recommended