Myエリア設定

保存

東京・上野 | 恐竜額の新時代を作った重要標本が一堂に集まる『恐竜博2019』7/13(土)開催!

2019年7月13日(土)から10月14日(月・祝)まで、特別展「恐竜博2019」が国立科学博物館(東京・上野公園)が開催されます。「恐ろしいツメ」という意味の学名をもつ肉食恐竜デイノニクスの貴重なホロタイプ標本の日本初公開をはじめ、過去50年の恐竜進化の研究の発展を重要標本で振り返ることができます。また、音声ガイドは放送作家・鈴木おさむさんが初プロデュースしナレーションも担当。監修の恐竜博士とともに楽しくナビゲートしてくれます。

写真左:デイノケイルス前あし(展示は複製)、写真右:「むかわ竜」全身実物化石 ※展覧会での全身骨格公開は世界初 © Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences 北海道むかわ町穂別産 むかわ町穂別博物館所蔵

世界初公開・日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介!抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎など、ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の「新常識」とは!?最新研究による数々の新発見にも迫ります。

展示は4つのZONE

< ZONE.1 >恐竜ルネッサンス -恐竜研究50年の変遷を重要標本で振り返る!

< ZONE.1 >恐竜ルネッサンス -恐竜研究50年の変遷を重要標本で振り返る!
デイノケイルス 発掘現場(1965年) MPC-D100/018, Institute of Paleobiology PAS

< ZONE.2 >「謎の恐竜」デイノケイルス -その全貌に迫る

< ZONE.2 >「謎の恐竜」デイノケイルス -その全貌に迫る
11 デイノケイルス 全身骨格図 © Genya Masukawa

< ZONE.3 >日本の恐竜世界 -北海道で見つかった新種⁉

< ZONE.3 >日本の恐竜世界 -北海道で見つかった新種⁉
17 「むかわ竜」が生きた恐竜世界のCG  © NHK

< ZONE.4 >「恐竜絶滅」に迫る!

< ZONE.4 >「恐竜絶滅」に迫る!
ティラノサウルス 復元骨格 © Courtesy of The Royal Saskatchewan Museum, Sandra Foreman Photography 北海道むかわ町穂別博物館所蔵

【開催概要】

◇会 期:2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
◇会 場:国立科学博物館(東京・上野公園)
    〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

◇アクセス:JR「上野駅」(公園口)から徒歩5分
      東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」(7番出口)から徒歩10分
      京成線「京成上野駅」(正面口)から徒歩10分
◇駐車場:なし

◇開館時間:午前9時~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)
      ※8月11日(日)~15日(木)、18日(日)は午後6時まで
      ※入場は各閉館時刻の30分前まで
◇休館日:7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)

◇お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)午前8時~午後10時

恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019

恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019の公式ホームページです。国立科学博物館で2019/713〜10/14まで開催。
10 件

この記事を書いた人

まみたん東京版編集部★

Recommended