Myエリア設定

保存

東京・江東区 | 世界初公開冷凍マンモス標本を展示!企画展「マンモス展」開催

2005年に「愛・地球博」で初後輩され大きな話題となった『ユカギルマンモス』の冷凍標本をはじめ、ロシア連邦サハ共和国で発掘された世界初公開を含むマンモスや古代の動物たちの冷凍標本を世界最大規模で展示されます。また、最先端生命科学による『マンモス復活プロジェクト』も紹介されます。地球の生命の不思議を見に行ってみてはいかが?

世界初公開『ケナガマンモスの鼻』(冷凍標本)が展示!

注目の展示は、世界初公開となる冷凍標本『ケナガマンモスの鼻』。
2013年に完全な形で発掘され、これまで考えられていたマンモスの鼻の形状を覆す発見となった貴重な個体標本です。
悠久の時を経て発掘されたマンモスを通じて、「生命とは何か」を考えてるみきっかけをくれるかもしれません。

【 開催概要 】

〇会期:2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)
〇開館時間:10時~17時(入場は開館の30分前まで)
〇会場:日本科学未来館1階企画展示ゾーン
    東京都江東区青海2-3-6
〇休館日:火曜日(ただし7/23・30、8/6・13・20・27、10/22は開館)
〇お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル/8:00~22:00)

日本科学未来館 企画展「マンモス展」

日本科学未来館 企画展「マンモス展」
企画展「マンモス展」 2019年6月7日(金)~11月4日(月・祝)日本科学未来館(東京・台場)で開催。本展は、マンモスをはじめとしたさまざまな生き物の貴重な標本を通して、マンモスの生態や当時の自然環境に迫るほか、古生物を取り巻く先端の生命科学研究についても紹介する企画展です。
6 件

この記事を書いた人

まみたん東京版編集部★

Recommended