Myエリア設定

保存

大阪市|おでかけイベント情報 動物園・図書館・行政イベント【5月1日更新】vol.1

大阪市の子連れで行けるおでかけ情報をお届けします。 天王寺動物園や図書館情報、行政で開催するイベント情報など。 今日もお子さんと一緒に元気におでかけしよう!!

◆各施設のイベント情報◆

大阪市 子ども・親子向けイベント情報

★梅田・茶屋町でスロウな時間を過ごす「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ2019」を開催します

6月1日(土曜日)、梅田・ 茶屋町エリアにおいて「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ2019」を開催します。
本イベントでは、梅田・茶屋町エリアの企業、地域団体、学校及び行政が集い、街の連携と賑わい創出を図ることで“歩いて楽しいまちづくり”を推進し、茶屋町の新たな魅力を発信することをめざしています。
新元号「令和」となり新しい時代が始まる節目となる今年は、「Celebration」をテーマとしたキャンドルアート作品を展開します。
また、日中からお楽しみいただけるよう、各所でワークショップを展開。夏の夜、一年に一度、キャンドルの灯がやさしくつつむ梅田・茶屋町エリアをゆっくりと散策し、スロウな時間をお過ごしください。

キャンドルアワード2018グランプリ作品

キャンドルアワード2018グランプリ作品

昨年の開催の様子

昨年の開催の様子

開催概要

【開催日時】6月1日(土曜日)18時から22時まで
※荒天の場合は、6月2日(日曜日)に順延、6月2日(日曜日)も荒天の場合は、6月3日(月曜日)に再順延。
※順延開催の場合、プログラム内容を変更する場合があります。

【開催会場】梅田・茶屋町エリア一帯(阪急梅田駅 茶屋町口改札口出てすぐ)

【開催内容】キャンドルアート作品の展示、施設照明の消灯ほか
※詳細は別紙「プログラム概要」をご覧ください。

【主催】1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ実行委員会

【共催】阪急阪神ホールディングス株式会社

【協力】一般社団法人日本キャンドル協会

【協賛】株式会社阪急阪神百貨店、カメヤマローソク、UNIQLO OSAKA

プログラム

プログラム

【参考(1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ実行委員会構成団体)】
アーバンテラス茶屋町、梅田東連合振興町会、梅田ロフト、大阪工業大学(学校法人常翔学園)、大阪市、関西大学、北梅田地区まちづくり協議会、XROSS chayamachi、宝塚大学、NU茶屋町、NU茶屋町プラス、阪急電鉄株式会社、ホテル阪急インターナショナル、株式会社毎日放送、学校法人ロイヤル学園ベルェベル美容専門学校(50音順)

(事務局)株式会社カクタス

【問合せ先】
1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 茶屋町スロウデイ実行委員会事務局(株式会社カクタス内)

電話番号:06-6533-2722(平日10時から17時まで)、ファックス:06-6533-3006、メールアドレス:slowdayinfo@cactus7.co.jp

問合せ先

★5/1(水・祝)〜5/3(金・祝) 大阪城天守閣「日本 ~ 悠久の歴史 大阪城ファミリーフェスティバル2019」を開催!

大阪城天守閣は、平成31年5月1日(水・祝)から5月3日(金・祝)までの3日間、「日本 ~ 悠久の歴史 大阪城ファミリーフェスティバル2019」を開催します。

平成31年4月30日に今上天皇陛下が退位されて「平成」が終わり、翌5月1日には新しい天皇陛下が即位され、元号が改まり、新しい時代が始まります。大阪城天守閣では、3月21日(木・祝)から5月19日(日)を会期として、戦国武将らの神仏への祈りをテーマに「戦国の世の祈り」展を開催しますが、期間中に新しい時代を迎えるこの機会に、長く伝承されてきた神事芸能「神楽(かぐら)」や、神話を題材とする郷土芸能などを通して、わが国の悠久の歴史を振り返ります。

★開催概要★

【期間】5月1日(水曜日・祝日)から5月3日(金曜日・祝日)まで
※雨天中止
    
【時間】11時から16時まで

【場所】大阪城天守閣前本丸広場
    (大阪市中央区大阪城1-1)

【料金】無料 
※ただし、天守閣入館の際は入館料が必要
(入館料:大人600円(中学生以下、大阪市在住65歳以上の方(要証明)、障がい者手帳等ご持参の方は無料))

【主催】大阪城天守閣

★イベント内容(出演順)★

5月1日(水・祝)

1)火縄銃演武

時間:11時から/14時から
出演:大阪城鉄砲隊(おおさかじょうてっぽうたい)

江戸時代を通じて日本最大の鉄砲生産地であった摂州堺(現大阪府堺市)の鉄砲を調査し、古式火縄銃の伝統技術の保存と研究を行う「堺鉄砲研究会」を母体として結成された砲術隊です。毎年、大阪城鉄砲隊、信州真田鉄砲隊、紀州九度山真田鉄砲隊の3隊連合で出演しています。

「新しい時代」の幕開けを祝砲でお祝いします。

大阪城鉄砲隊

2)国指定重要無形民俗文化財 伊勢大神楽(いせだいかぐら)

時間:12時から/15時から
出演:伊勢大神楽講社(いせだいかぐらこうしゃ)
山本勘太夫社中(やまもとかんだゆうしゃちゅう)

伊勢大神楽は、獅子舞と放下芸(ほうかげい・曲芸)で構成される神事芸能で、桑名城下に近い太夫村で伝承されてきました。伊勢大神楽の太夫たちは江戸時代には伊勢神宮(内宮)に属し、伊勢神宮の神札を配りながら神楽を披露し、伊勢神宮の信仰を広め歩きました。

現在は5つの社中で伊勢大神楽講社を組織し、1年かけて西日本各地を巡り歩き、神楽を披露しています。

伊勢大神楽

5月2日(木・祝)

1)雅楽演奏

時間:11時から/14時から
出演:天地雅楽(てんちがらく)

天地雅楽は、現役の若手神職・巫女・伶人(れいじん)(雅楽演奏者)で結成された雅楽ユニットです。雅楽を代表する3つの笛「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」「笙(しょう)」を中心に、シンセサイザーなども組み合わせて演奏し、伝統的な雅楽の魅力を現代風に表現して、独自の世界を創り出します。

天地雅楽

2)国指定重要無形民俗文化財 備中神楽(びっちゅうかぐら)

時間:12時から/15時から
出演:岡山県神社庁神楽部所属
備中成羽社(びっちゅうなりわしゃ)

備中神楽は備中地方(岡山県北西部)に伝わる神楽で、古くは荒神祭の鎮魂行事として行われていましたが、江戸時代後期に、成羽の国学者で神官だった西林国橋(にしばやしこっきょう)が『古事記』『日本書紀』の神話を題材に劇化した「神代神楽」を創作しました。

備中成羽社は、岡山県内各地の神社への奉納や全国各地の民俗芸能大会などへの出演を行っています。

備中神楽

5月3日(金・祝)

1)京田辺市指定無形民俗文化財 大住隼人舞(おおすみはやとまい)

時間:11時から/14時から
出演:大住隼人舞保存会

隼人とは九州南部の薩摩・大隅・日向地方に住んだ人々のことで、奈良時代には、律令国家制度のもと、隼人司(はやとのつかさ)に統率され、宮中の警護や朝貢舞を行うなど朝廷と深く関わりを持ち、天皇即位の儀式では邪気を払う役目を担っていました。

大住隼人舞は、大隅国の隼人たちが山城国大住地域(現京都府京田辺市大住)に移住したことから伝えられたもので、「大住」の地名も大隅国に由来すると言われています。

舞の起源となっているのは『日本書紀』に記される海幸彦・山幸彦の物語で、海に溺れるところを山幸彦に助けられた海幸彦が服属の証として、海に溺れる様を演舞したものです。

大住隼人舞

2)霧島市指定無形文化財 天孫降臨霧島九面太鼓 (てんそんこうりんきりしまくめんだいこ)

時間:12時から/15時から
出演:天孫降臨霧島九面太鼓保存会

「天孫降臨」の神話から命名された天孫降臨霧島九面太鼓は、霧島神宮の宝物として保存されている九つの面と伝え継がれる「天孫降臨」神話をもとに、国の始まりの荘厳さと勇壮さを太鼓で表現する郷土芸能で、鹿児島県霧島市の無形文化財に指定されています。

天孫降臨霧島九面太鼓

★同時開催イベント★

1)ゆかりの地の魅力展

神話や神楽ゆかりの地(鹿児島・宮崎・京田辺)の観光情報や特産品を紹介します。

【日時】5月1日(水曜日・祝日)から5月3日(金曜日・祝日)まで 11時から16時まで
【場所】大阪城天守閣前本丸広場
   (大阪市中央区大阪城1-1)
【出展】鹿児島県、宮崎県、京都府京田辺市

2)豊臣石垣公開プロジェクトのPRブース

豊臣石垣公開プロジェクトの紹介のほか、普段は非公開の、大阪城本丸広場にある昭和34年発見の豊臣石垣を公開し、地上から覗き込んでご覧いただきます。

【日時】5月1日(水曜日・祝日)から5月3日(金曜日・祝日)まで 10時から16時まで
【場所】大阪城天守閣前本丸広場
   (大阪市中央区大阪城1-1)
【問合せ先】太閤なにわの夢募金実行委員会 06-6469-5164

<その他>

※イベント内容は予告なく変更または中止になる場合がございます。
※雨天の場合は中止となります。天候不良の際は大阪城天守閣までお問い合わせください。
※イベントの詳細は大阪城天守閣ホームページにも記載します。

123 件

この記事を書いた人

まみたん大阪市版編集部

Recommended