Myエリア設定

保存

大阪市|大阪市情報【7月10日更新】

  • 大阪市 情報

やさしいにほんごで学べる防災学習プログラムができました

大阪市立総合生涯学習センターと神戸学院大学が共同で、外国人住民を対象にした、災害への備えを学ぶ「OSAKA防災タイムアタック!やさしいにほんごでBOSAI」を開発しました。

また、実際に防災学習プログラムを体感していただくために「OSAKA防災タイムアタック!やさしいにほんごでBOSAI」体験会を開催します。

防災学習プログラム「OSAKA防災タイムアタック!やさしいにほんごでBOSAI」について

2017年、2019年に引き続いて3作目となるこのプログラムは、言葉、文化、慣習の違いや情報不足などにより、災害時に様々なリスクに直面すると考えられる外国人住民を主な対象として、地震や災害に関する知識と災害への備えについて、やさしいにほんごで学べる教材です。また、日本人も一緒に学ぶことができるため、同じ地域に暮らす外国人住民への支援にもつながります。

無料ダウンロードについて

大阪市立総合生涯学習センターのホームページからダウンロードできます。

「OSAKA防災タイムアタック!やさしいにほんごでBOUSAI」体験会

【日時】令和6年7月24日(水曜日)14時から16時まで

場所:大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
  (大阪市北区梅田1-2-2-500大阪駅前第2ビル5階)

定員:先着30名(参加費は無料)

申込

上記サイト(いちょうネット)または、電話(06-6345-5004)、FAX(06-6345-5019)、窓口にて

詳しくは下記大阪市立総合生涯学習センターのホームページをご覧ください。

総合生涯学習センター

総合生涯学習センター
大阪市民の生涯学習を支援いたします。梅田(総合)、阿倍野、難波にあって貸し会議室としても便利にご利用頂けます。などの情報を掲載。総合生涯学習センター

問い合わせ先

【大阪市立総合生涯学習センター】

電話番号:06-6345-5004
FAX:06-6345-5019
e-mail:info@osakademanabu.com

防災学習プログラムのプレスリリース(PDF形式, 719.27KB)

防災学習プログラムのプレスリリース(PDF形式, 719.27KB)

令和6年7月21日(日曜日)野鳥園臨港緑地で「干潟の生き物かんさつ会」を開催します

大阪市では、令和6年7月21日(日曜日)に野鳥園臨港緑地(南港野鳥園)で、「干潟の生き物かんさつ会」を開催します。

野鳥園臨港緑地(南港野鳥園)の干潟には魚やカニ、貝など様々な生き物が暮らしています。

この干潟は生き物や渡り鳥の生活の場となっているため、普段は入ることができません。

渡り鳥がまだやって来ない7月に特別に干潟へ入り、そこで暮らす生き物を探して観察してみませんか。

概要

【日時】

令和6年7月21日(日曜日) 10時から12時まで(9時30分から受付開始)
荒天中止(小雨決行)

【場所】

野鳥園臨港緑地(南港野鳥園)大阪市住之江区南港北3丁目5番30号

●電車でお越しの場合、ニュートラム南港ポートタウン線トレードセンター前駅3番出口より南港緑道を通って徒歩で約1.1キロメートル

●車でお越しの場合、阪神高速湾岸線南港北出口より約10分、大阪港咲洲トンネル、夢咲トンネル出口より約5分

●駐車場(約20台)無料

【対象】
どなたでも
(中学生未満の方は保護者同伴でお願いします。)

【定員】
30名
(事前申込制、申込先着順)

【内容】
野鳥ガイドとともに野鳥園臨港緑地の干潟に入り、様々な干潟の生き物を観察します。

【参加費】
無料

【持ち物・注意事項】
干潟に入りますので、足元は防水性のある長靴か汚れてもよい運動靴でお越しください。サンダルなどの履物ではカキの殻などでけがをするおそれがありますので、干潟に入っていただくことができません。

※帽子や飲み物、タオルなどをご用意いただき、熱中症対策を各自で行ってください。

※参加時には、職員の指示に従ってください。

【申込期間】
令和6年7月2日(火曜日)9時から7月18日(木曜日)17時まで
(注)電話での受付は、土曜日、日曜日及び祝日を除く、9時から17時30分までとし、最終日は17時までとなります。

【申込方法】
電話またはメールにて下記事項をお知らせください。

●参加人数(1組あたり4名まで)
●代表者氏名
●代表者の電話番号
●参加者に中学生未満のお子様がいらっしゃる場合はお子様のご年齢

【申込先】
大阪市建設局臨港方面管理事務所
電話番号/06-6613-7716
メールアドレス/nanko-yachouen@city.osaka.lg.jp
(注)メールでお申込の場合は、件名に「干潟の生き物かんさつ会 参加申込」と記載してください。

WEBクイズ「なにわなんでも大阪チャレンジ」を開催します

大阪商工会議所と地方独立行政法人大阪市博物館機構は、大阪が育んだ文化・風土のすばらしさを発掘・発信するWEBクイズ「なにわなんでも大阪チャレンジ」を令和6年5月31日(金曜日)から実施します。

「なにわなんでも大阪検定」(2009から2022年度実施、主催:大阪商工会議所)の過去問題や同機構の学芸員が作成した問題を専用サイトに掲載し、楽しみながら大阪について学んでいただけます。本クイズは令和5年度にスタートし、期間限定で計3回(vol.1からvol.3)実施し、のべ4,320人が参加しました。

令和6年度は計4回実施し、大阪・関西万博を盛り上げるために関連問題を出題するほか、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が提供するEXPO2025デジタルウォレットを活用し、新たに参加者に同機構が所蔵する「大阪の宝」をデザインしたオリジナルNETスタンプを配布します。

また、参加者には、抽選でクルーズペア招待券などの特典を累計102名に提供するほか、結果発表画面の提示で大阪府内の文化・教育施設やホテル、飲食店など41施設の割引・グッズ進呈等を優待します。

【実施概要】

WEBならではの動画・音声を活用した問題や、大阪市博物館機構の展示に関連した問題(注)や大阪・関西万博に関する問題などを四択で20問出題。回答終了後は正解数と順位が表示され、正誤を確認する画面で、大阪に関する豆知識を学ぶことができます。

(注)今回出題する大阪市博物館機構の博物館・美術館:大阪市立美術館、大阪市立自然史博物館、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪市立科学館、大阪歴史博物館

【主催】

大阪商工会議所、地方独立行政法人大阪市博物館機構

【共催】

大阪府、大阪市、堺市、堺商工会議所、公益財団法人大阪観光局、公益財団法人関西・大阪21世紀協会

【期間】

vol.5 令和6年8月2日(金曜日)から令和6年9月6日(金曜日)まで

vol.6 令和6年10月4日(金曜日)から令和6年11月8日(金曜日)まで

vol.7 令和7年1月10日(金曜日)から令和7年2月14日(金曜日)まで

【参加方法】

↓WEBクイズ「なにわなんでも大阪チャレンジ」にアクセスをお願いします。

【出題】

1回あたり20問(期間ごとに問題を入替)

【参加費】

無料(事前申し込み不要・何回でもチャレンジ可能)

【特典】

・抽選で特典(クルーズペア招待券など)を累計102名に提供
・結果発表画面の提示で41施設の割引・グッズ進呈などを優待
・EXPO2025デジタルウォレットを活用したオリジナルNFTスタンプを配布

89 件

この記事を書いた人

まみたん大阪市版編集部

Recommended