Myエリア設定

保存

災害時お役立ちアイディア<停電・断水・防寒対策> 子どももママも安心!もしもの行動

大地震や台風などで、停電や断水になってしまったら? 当たり前のことが突然できなくなった場合も、身の回りにあるものの活用方法を知っておくだけで安心! そこで、身近な物で簡単に作ることができるランタンやコンロ、オムツ、簡易トイレ、カイロなどをの避難グッズを紹介! 自分と家族の安心のために“いま・すぐ”防災ライフを始めよう!

Q.あなたの防災対策はできている方だと思いますか?

※まみたん会員アンケートより

もしもの災害に備え、普段から何か準備・備えをしているかのアンケートを実施。
結果は、半数以上のママが対策不足を感じています。
今からでも遅くない!今すぐ見直し、もしもの災害に備えよう!

もしも…停電したら
懐中電灯やアルミ缶が家電に早変わり。

ランタン…懐中電灯をパワーアップ!やさしい光で広範囲を照らせる。

空き缶でつくるコンロ…空き缶、アルミホイル、ティッシュペーパー、サラダ油があれば完成!

【芯を作る】
1.アルミホイルを半分に折って爪楊枝などで穴をあける。
2.よったティッシュを穴に差し込む。
3.半分に折る。
【本体を作る】
1.空き缶を下1/3くらいのところでカットする。
2.芯を丸めて缶に入れ、サラダオイルを入れる。
3.空き缶の上の部分を三角形に並べ火をつける。

もしも…断水したら
作ってセットにしておけば、 すぐに使える!

レジ袋でつくるオムツ…レジ袋、ハサミ、タオルでできる簡単オムツ。

1.持ち手と脇を切って開き、タオルを置いて赤ちゃんを寝かせる。
2.背中側の持ち手を前で結び、下側の持ち手を入れ込み余った部分を折り返す。

簡易トイレ…ポリ袋を2枚重ねて便座の上からかぶせ新聞紙を2枚底に敷く。その上に破いた新聞紙を詰める(段ボールやバケツでも)。

簡易ポリタンク…段ボールの横と底を粘着テープで補強し、段ボールの中にポリ袋を2枚重ねて敷く。

寒さ対策
保温性がある新聞紙が大活躍。

ラップ+で腹巻き…新聞紙を二つ折りにしてお腹に巻き、上からラップを巻き付ける。

ポリ袋+新聞紙 あったかカイロ…新聞紙を丸めて大きなポリ袋に詰め足を入れ、口を閉じるとぽかぽか。

災害時に役立つ Web or アプリ もしもに備えてお気に入り登録orインストールしよう!

※写真はイメージです。

⚫︎自治体の防災情報サイト
警報、避難勧告や避難所、河川情報などを発信。お住まいの自治体HPを検索。
⚫︎災害情報アプリ
設定した地域の災害情報をリアルタイムでプッシュ通知。Yahoo!防災速報など。
⚫︎ラジオアプリ
停電時や外出先でもスマホでラジオが聞けて安心。Radiko、NHKニュース防災など。

いざという時のために親子でチャレンジ! 防災キャンプ

◆防災グッズを使ってみる
簡易トイレやテントなど、作り方や使い方を身につければ災害時に慌てない。
◆非常食を食べてみる
アルファ米や缶詰を使った料理など実際に作り食べてみよう。
◆災害時を想定して一泊
段ボールベッドやアルミ製のブランケットなどふだんと違う環境を体験!

教えていただいたのは…

特定非営利活動法人 
日本防災士会・女性防災推進局のみなさん

地域防災のスペシャリストとして全国で活動する防災士は、阪神・淡路大震災を教訓に発足した民間資格。女性防災推進局は、日本防災士会の女性防災士を束ねる部局として、2018年にスタートした。

ぜひ参考にして、もしもの災害に備えましょう。
他の関連記事はコチラ↓↓

避難バッグ&備蓄品 今すぐできる!見直そう・防災グッズ

避難バッグ&備蓄品 今すぐできる!見直そう・防災グッズ
こちらの記事も参考にしてね!

災害に対する備えについて教えて!ママのクチコミアンケート

災害に対する備えについて教えて!ママのクチコミアンケート
こちらの記事も参考にしてね!
38 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended