Myエリア設定

保存

人気メーカーのチャイルドシートをご紹介!アップリカ/コンビ/joie/レカロ|豪華プレゼント付!

チャイルドシートは、赤ちゃんの成長に合わせて替えていくのが一般的。 人気メーカーアップリカ/コンビ/joie/レカロのチャイルドシートを参考に、どのパターンが合うか想定してみては? 将来子どもを何人予定しているかによっては、購入候補も違ってくるかも! チャイルドシートなどがあたる豪華プレゼントも実施中!チェックしてね♪ 

厳選!人気メーカーのチャイルドシート

アップリカ|ディアターンプラスプレミアム

後向き、前向き、さらにベッド型がプラスされた回転式ベッド型チャイルドシート。新生児期は「平ら」なベッド型として使用できるため、退院したその日から安心しておでかけが可能。やわらかクッションが全身を優しく守り、操作もカンタンなので、ママもラクラク。

<適応身長>50cm~100cm <適応体重>2.5kg~18kg <本体重量>13.6kg
<本体サイズ>横向きベッド時:W805×D595×H566mm、後向き時:W470×D700×H566mm、前向き時:W470×D595×H679 mm ※レッグサポート、フレックスシェードを除く <参考価格>48,600円

担当者さんの声|ココが人気!

未熟な赤ちゃんの首を安定させ、腹式呼吸を妨げない「平ら」なベッド型にも。まるでおうちのベッドで寝ているような理想的な姿勢を車の中でも保てます!

コンビ|クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-800

衝撃、音、汗等の不快感から赤ちゃんを守る、ベッドを越えた新空間。取付けもカンタンで、人気の超・衝撃吸収素材「エッグショック」、汗を瞬時に吸い取る吸水性抜群の「1秒タオル」、眠りに理想的な環境に整える「スリープシェル」など全ての機能を搭載した最新モデル。

<適応身長>~105cm程 <適応体重>18kg以下 <本体重量>12.9㎏
<本体サイズ>後向き時:W460×D655~735×H620~770mm、前向き時:W460×D526×H675~845mm
※サポートレッグ・コネクター含まず <参考価格>86,400円

担当者さんの声|ココが人気!

赤ちゃんを抱っこしながらでも、指1本でらくらく360°ターンする回転式で、省スペース設計。また、ヘッドレストは成長に合わせて8段階の調節が可能です。

joie|bold(ボールド)エンバー

全身を守る、大きなサイドインパクトプロテクションとサラウンドセーフティーシールドを搭載。3つの固定方法でしっかりと取付け可能。成長に合わせて、チャイルドシートモード(インナークッション付き)、チャイルドモード、ジュニアモードの3つのカタチに変化でき、1歳頃から12歳頃まで長く使える。

<適応身長>体重にて判断 <適応体重>9kg~36kg <本体重量>13㎏
<本体サイズ>W495×D510~580×H650~885mm 
<参考価格>27,000円 
<安全基準>ECE R44/04適合商品

担当者さんの声|ココが人気!

お子さまの成長に合わせて形を変えられるので、長く快適に過ごせます。3か所の取付方法で、しっかり固定できて安心ですよ。

レカロ|J3

成長に合わせて長く使えるロングユース設計のジュニアシート。衝撃吸収性に優れたクッションや、体全体を支える大型サイドプロテクションを採用。安全性・快適性はもちろんのこと、ママ・パパにとっても手軽に使える、機能満載の商品。

<適応身長>体重にて判断 <適応体重>15kg~36kg <本体重量>5.8㎏※コンビニBOX,カップホルダ未装着時 <本体サイズ>W465×D500×H660~820mm※コンビニBOX,カップホルダ未装着時 <参考価格>14,000円 
<安全基準>UN R44/04適合商品

担当者さんの声|ココが人気!

洗練されたデザインで、1台で長く使えるコスパ力。安全性はもちろん、お子さまにとって正しい姿勢で快適に座らせられる機能性(人間工学に基づいて設計されたシート)も魅力です。

メーカーさんに聞きました!チャイルドシートを 選ぶときのポイント& 買い替えの目安は?

ポイントは?

◆赤ちゃんは大人とは全く違う体の特性をもっています。自分の気持ちを言葉にできない赤ちゃんのために、それぞれの体格に合わせて、理想的な環境と安全性に配慮できるチャイルドシートを選んであげてください。 (アップリカ)

◆国の安全基準を満たしているかや、お子さまの年齢に応じたものか、体にフィットしているか。また希望の設置方法(ISOFIX型orシートベルト型)や、適合車種の確認もきちんとしましょう。 (レカロ)

買い替えは?

◆4歳頃まで使用できるタイプは、お子さまを乗せたとき、後頭部がシート本体の背もたれより上に出てしまうようであれば、買い替えのタイミング。また、お子さまの体重が、お使い頂いているチャイルドシートの使用上限を超える前に検討されるのが良いと思います。 (コンビ)

◆対象年齢はあくまでも目安です。お子さまの成長に合わせて、サイズが窮屈になる前のご検討をおすすめします。また、2人目を出産された場合、2台必要になられる方は、追加でジュニアシートをご購入される方もいらっしゃいます。 (joie(カトージ))

以上、チャイルドシートの正しい使い方は、いかがでしたか?
ぜひ参考にして、親子ドライブを楽しんでくださいね。

チャイルドシートの正しい使い方ガイド|あらためて考えよう!正しく使うことで防げる危険、守られる命 - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

チャイルドシートの正しい使い方ガイド|あらためて考えよう!正しく使うことで防げる危険、守られる命 - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
こちらの記事も参考にしてね!
33 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended