Myエリア設定

保存

子どもの病気の経験談やアドバイス/ママの健康管理 クチコミアンケート

小さい子どもは、急な発熱や体調不良がよく起こります。そんな時、焦ってしまうママやパパも多くて当然! 予防接種や、かかりつけ医など、もしもの時に役立つ、経験談や、アドバイスをご紹介。 また、心身に不調を感じていても、家事や子育てに追われるママはゆっくり休めないのが実態。 ママの健康管理についての経験談や、アドバイスもご紹介。 体調管理をしっかりして、暑い夏を乗り切ろう!

Q.子どものかかりつけ医は決めてる?

Q.かかりつけ医を選ぶ時に重視するポイントは?

Q.予防接種の情報はどのように入手してる?

Q.子どもの病気について経験談やアドバイスを教えて!

0歳から保育園へ通い始めた娘は、しょっちゅう風邪や発熱でお休みしていました。しっかり治すために、発熱した翌日は休ませる、微熱でも休むことを徹底しました。3歳を超えて、風邪で休むことなく元気に通えています!(はりこ)

予防接種は病院でもらった表とアプリで管理しています。早めに予約をしてスケジュールが狂わないようにしています。(かもっちゃん)

発疹が出た等、目に見える症状はスマホで写真を撮って持っていく。診察時に症状が治まっていても、口で上手く説明できなくても、写真をお医者様に見せると診断が早い。お医者様もそれを求めている。(れん)

子供が2歳の時に川崎病にかかり、一週間入院しました。かかりつけの先生にすぐ診断して頂けたので、早期発見、早期治療が出来、後遺症もなく元気に退院出来ました。やっぱりずっと同じお医者さんに診て貰っていた方が、いつもの風邪との違いなど、わかりやすいのかなぁと思います。(まゆりんご)

子どものケガや急病の時は、一人で判断すると、プチパニックになってるからか、おかしな思考になっていたりするので、後で後悔することのないように、自分以外の誰かに意見を求めたり、相談するようにして、冷静な判断を求めようと心がけています。(きょん)

Q.ママが体調不良のときのケア方法は?

Q.ママになってから定期的に健康診断を受けてる?

Q.ママの健康管理について、経験談やアドバイスを教えて!

自分が倒れてしまっては本当に困るので、無理せずに子どもが寝るときには一緒に寝る様に心掛けています。(みーちゃん)

肩こりが酷いので、肩回しをして肩甲骨を動かしています。(かろ)

ストレス発散や運動不足解消に、音楽を聞きながら1時間程ウォーキングをしています。今は妊娠中なので、自分の体調に合わせて無理のない程度にお散歩やストレッチをしています。(あゆみん)

もとからヘルニアで腰痛持ちで、子どもが出来てからはどうしても抱っこやら荷物で重い物を持つ機会も増えたので、腰には注意してます。特に注意してる点は中腰にならずに、持ち上げる時は腰を下ろす事です。昔はよくギックリ腰をやっちゃってましたが、この点を注意深くするようにしてからはほとんどなくなりました。(プルメリア)

食事、体力を強化するようにしています。万が一体調を崩しても大丈夫なように食料は多めにストックしています。(ふうみゆママ)

少しの体調不良でも、旦那の前では「ツラくて耐えられない!」と、大げさにアピールすることで、家事や育児を手伝ってもらえるように誘導しちゃいます。我慢して1人でやろうとすると、少しずつでもストレスが溜まるし、協力してもらうチャンスが減ってしまうから。その代わり、大げさに感謝を伝えるようにしています。(みすず)

子どもが病気になるとほぼママにうつります。やはりインフルエンザなど流行る時期は、元気でも同じお箸や飲み物を飲んだりしない様にしています。(cika)

いかがでしたか?ママの体験やアドバイスなどを参考にして、元気に夏を乗り切りましょう!

幼児期に多い|感染注意の病気対策 おたくふかぜ、ヘルパンギーナ、水疱瘡など - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

幼児期に多い|感染注意の病気対策 おたくふかぜ、ヘルパンギーナ、水疱瘡など - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
おたふく風邪に水疱瘡…小さい頃に感染したけど親としては未体験、そんなママも多いのでは?最近は、海外旅行の機会や予防接種の種類も増えていて、昔の常識とは異なることも。いざという時に困らないように、病気の症状や対処方法を学んでおこう!かかってしまった時の保育園・幼稚園の出席停止期間も参考にしてね。
こちらの記事も参考にしてね!

ママのお悩みNO.1|肩こり・腰痛を解消しよう! - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

ママのお悩みNO.1|肩こり・腰痛を解消しよう! - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
心身に不調を感じていても、ゆっくり休んでいられないのがママの実態。でも無理して頑張りすぎちゃうと、体からの注意信号を見逃してしまうかも!?そこで今回は、まみたんママのお悩みNO.1「肩こり・腰痛」の解消方法をご紹介。この機会に自分の健康を意識して、体力勝負の子育てを乗り切ろう!
こちらの記事も参考にしてね!
20 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended