Myエリア設定

保存

強い歯をつくるために|ともに育つ・育む

歯が生えてきたら気になる歯磨き問題。 楽しく磨くには?強い歯になるには? 大切な歯を守るためにできることを歯科医の中原弘美先生に伺いました。

歯が生え始めたらすぐに歯磨きは必要?

まずは口の周辺を触られることに慣れさせてあげましょう。歯が生えてきそうな5~6ヶ月頃になったら、授乳の後などに保護者の方が手のひらで「ほっぺタッチ」、次は保護者の方の指で「お口の中タッチ」。歯ブラシを経験する前のタッチで歯磨きが受け入れやすくなります。歯が生え始めたら仕上げ用のブラシで、舌の横側、先端とタッチする「ベロタッチ」をしてあげましょう。また、赤ちゃんが自分で口の中に入れることに慣れるための歯ブラシもあります。リング状になったものや、安全のためのホルダーがついたゴム状のものなどでカミカミさせてみるのもよいですね。離乳食が始まって歯が生え始めたら保護者の方が歯磨きをしてあげましょう。

歯磨きを嫌がる子への効果的な対処法は?

歯磨きをしてあげるときは、「気持ちいいね、きれいになるね、上手だね」という声掛けが大切。頬や上唇をめくった所にある真ん中の紐(上唇小帯)を保護者の方の指で押さえて避け、明るい所で寝かせた姿勢で、よく見ながら磨いてあげるのが上手に磨くコツです。歯ブラシを無理やり入れたり、片手で突っ込んだりしないようにしましょう。子どもにパパやママの歯を磨かせるのも効果的です。特に永久歯への生え変わりの時期は口の中に凸凹が増えて、汚れの取りにくいところが多くなります。小学校を卒業するまでは、生え変わりを迎えるところや新しく生えてきた永久歯を中心に、自分で磨かせてから、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯医者さんを嫌がる子にはおもちゃや絵本も効果的

歯医者さんを嫌がる子どもの多くは、歯医者さんに対するマイナスのイメージを家族から受けていることが多いです。家族が定期的に健診を受ける習慣を続けておくと、子どもも歯医者さんを嫌がりません。虫歯のない状態で歯科を受診することで授乳や離乳食の進め方の指導も受けられ、お口のホームドクターを探すきっかけにもなるでしょう。また、歯医者さんはばい菌をやっつけてもらう所だということを普段から話したり、絵本やおもちゃで歯医者さんを身近に感じさせておくのも効果的です。

甘いお菓子が大好きでも 歯磨きをすれば大丈夫?

虫歯の原因菌は糖を原料に酸を作って歯を溶かすので、甘い物が口に入る頻度が高ければ歯の表面が溶けてきて虫歯リスクが高くなります。甘い味は麻薬と同じで、毎日食べる事を習慣にするとだんだん味覚が鈍感になり、食べる量も増え、さらに虫歯リスクが高くなります。また、酸味を受け付けなくなって濃い味を好むようになるので、好き嫌いの原因にもなります。特に、乳幼児の頃は味覚を学ぶ時期。糖分を抑えておくと、果物などの酸味もおいしいと感じて、旨味や塩味にも敏感になり、素材の味を味わえるようになります。食べるのなら、お菓子やアイスクリームよりも果物がおすすめです。

強い歯のために心掛けたい 「早寝・早起き・朝ごはん」

口の中に汚れが停滞する時間が長ければ長いほど虫歯の原因になります。寝る前はもちろん、朝食後に歯磨きをしないと一日中汚れた状態で細菌を増やすことになり、虫歯にも、歯茎の病気にもなりやすくなります。仕上げ磨きまでできなくても、自分で磨くだけならそんなに時間はかかりません。朝夜を問わず「食べたら磨く」を習慣付けてあげましょう。また、お腹が空いた状態で食べ物をよく噛んで食べると、唾液がたくさん出て虫歯リスクが低くなります。まずは、3回の食事と1回のおやつのリズムを作り、だらだらと食べる習慣を付けないことが大切。「早寝・早起き・朝ごはん」は、強い歯を育てるためにぜひ心がけたいですね。

未治療の虫歯の平均本数

生え変わりの時期は虫歯になりやすいのでしっかり歯磨きしましょう

※「平成28年歯科疾患実態調査」より作成

教えてくれたのは… 

中原歯科 副院長 、
中原 弘美先生

中原歯科で副院長。幼稚園での保健指導や、正しい姿勢で食べるためのベビーチェアの製作協力など、地域医療にも貢献。口腔内だけでなく全身の健康を考えた治療を行う。歯学博士、日本小児歯科学会専門医指導医、大阪小児歯科専門医臨床研究会副会長。

20 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended