Myエリア設定

保存

発達障がいを知ろう (Q&A式)|ともに育つ・育む

近年、子育て中のママたちの間で「発達障がい」への関心が高まっています。 今回はママたちが今知りたい疑問を小児発達学博士の大須賀先生に伺いました。

Q.発達障がいにはどんな症状がありますか?

A.
「発達障がい」とひとまとめに語られることが多いですが、「自閉スペクトラム症(ASD)」、「注意欠如多動症(ADHD)」、「特異的学習症(学習障害・LD)」などがあり、それぞれ症状は異なります。代表的な2つのタイプの特徴をご紹介します。

自閉スペクトラム症

視線が合いにくい、指差しなどのジェスチャーができない、名前を呼んでも反応しないなどの対人関係の行動の違いや、一般的ではないおもちゃの遊び方(車輪を回して見入る、ミニカーを並べることに固執するなど)、言葉の遅れなどが見られます。症状の個人差が大きく、注意が必要です。

注意欠如多動症

落ち着きがなくじっとしていられない、興味のあるものに集中しすぎて切り替えが難しい、約束や順番などを守ることが難しいなどの症状があります。幼い子は誰でもこのような様子が見られますが、「注意欠如多動症」の子どもは、同じ年齢の子どもと比べて、これらの症状が著しいという特徴があります。

Q.発達障がいと診断されました。 普通クラスに通うこともできますか?

学校や教育委員会、専門家で構成される就学に関する委員会があり、子どもの様子を観察したり、テストをして検討したり、どういった場に就学するのがよいのかのアドバイスをしてくれます。とはいえ、最終的に決めるのは保護者です。通常の学級や特別支援学級、特別支援学校など、それぞれの就学の場で、実際にどのような教育が提供されるのかをよく知り、専門家の意見を踏まえて、子どもに最も適した環境を選択することが必要です。他の子と比較して考えるのではなく、「その子自身が楽しい学校生活を送れるか」「その子の良さを十分に育ててくれる場であるかどうか」が大切です。

Q.発達障がいは治りますか? 治らなくても 軽減されることはありますか?

A.
発達障がいの子どもが抱える困難さのうち、脳機能の違い(障がいそのもの)については、基本的には、一般の人と同じになることはありません。ただし、困難さのうち、その子と周りの人や環境との関わりの中で生じるものは、環境調整や支援が成功することで、軽減できます。そのためには、その子の脳機能の違いを周りが十分に理解し、その違いを「なおす」のではなく、「活かす」と言う視点での働きかけがとても大切です。

Q.発達障がいの子どもに好ましいかかわり方は?

A.
発達障がいに共通する対応方法の基本は、障がいのない子どもにとっても大切な子育ての基本になります。それは、「その子にとって、楽しく、温かく、安心な世界の提供」です。子どもの様子に常に関心を持ち、子どもが感じていること、考えていることに共感し、その子が「楽しい」「嬉しい」「心地よい」と感じることができる関わりを提供しましょう。逆に「厳しくしつける」、「痛い思い・怖い思いをさせて身につけさせる」ということは、障がいがあってもなくても、望ましい関わりではありません。「その子にとって」ということを意識しながら、専門家の助けを借りて、できるだけ正しく「その子どもの発達の特徴」を理解し、より良い働きかけをすることが大切です。

Q.子どもたちがよりよく 育つために、周りの大人ができることは?

A.
すべての大人に大切なことは、障がいのあるなしに関わらず、子ども一人ひとりの違いを認めるおおらかさと、うちの子もよその子も大事にする広い心です。子どもは、その子だけよりよく育つということはあり得ません。子どもは育ちあう存在です。子ども時代に、自分らしさを尊重されながら育つことが、将来にわたって「生きる力」になります。

子どものための学校・学級の種類

専門家の意見も聞きながら、子どもに合う教育の場を見つけましょう

教えてくれたのは… 

公益社団法人子どもの発達科学研究所
主任研究員、小児発達学博士 大須賀 優子 先生

小学校及び特別支援学校教員として20年以上教育に携わった後、小児発達学博士の学位を取得。現在は、公益社団法人子どもの発達科学研究所にて、子どもの問題行動や不適応の予防・介入支援に関するプログラム・支援者トレーニング・教材の開発に取り組む。

公益社団法人子どもの発達科学研究所

25 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended