Myエリア設定

保存

子どもの成長にプラス♪ 習い事デビューをして子供の個性を育てよう

楽しみながら、得意な面をグンと伸ばしていける習い事。子どもの興味や親ができるサポートなど、おさえておきたいポイントがたくさん。 習い事を始める前の参考にしよう!

習い事をされる前に知っておきたいこと

“いつ”“何を”“いくら”などあらかじめ考えておくことが大切。しっかりシミュレーションしてから習い事を選ぼう。

“いつ”“何を”“いくら”などあらかじめ考えておくことが大切。しっかりシミュレーションしてから習い事を選ぼう。

いつ

教室が定めている対象年齢に達していればいつから始めてもOK。子どもの個性や思考をしっかり理解しておこう。場所や先生、通いやすさ、費用などのバランスが整えば始めよう!

選び方

まずは、子どもの何を伸ばして、どんな体験をさせてあげたいかをはっきりさせることが大切。その時のポイントはあまり欲張らないこと。あれもこれもではなく、1つか2つぐらいが◎

費用

入学金や月謝のみに目を奪われがちだけど、用具やユニフォームなどが必要な習い事も。その他、発表会などの交通費や衣装代など、トータルでかかるお金も意識しておこう!

習い事をさせる前の心構え

“人気だから”という理由だけで選ばずに ママの負担も考えて、子どもに合ったものをやってみよう。

“人気だから”という理由だけで選ばずに ママの負担も考えて、子どもに合ったものをやってみよう。

POINT1 子どもの自由時間も確保 無理なくできる範囲で

子どもが楽しく通っていたり、将来の選択肢としてしっかりとやらせたい場合は習い事の回数が増えていくもの。あまり多すぎると友達と遊ぶ機会も減ってしまうので注意しよう。

POINT2 何となくダラダラはNG ゴールを決めて始めよう

始めるタイミングで、どのようになったら終わるのかまで意識しておこう。「嫌なら辞める」では、子どもの個性も伸ばせなくなるので、目標が達成したときに検討しよう。

POINT3 送り迎えの問題を 事前に考えておこう

26 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended