Myエリア設定

保存

貯金・子どもの教育!ママのクチコミアンケート

色々な物の値上がりが続く中、貯金をすることは大変だけど、大切な家族の将来の為に大切な事。 皆はどんな方法で貯金している?貯金額はいくら?普段は聞けないお金の事、まみたんママに聞いてみました。

Q.どのような方法で貯金をしていますか? (複数回答)

Q.毎月の貯金額はおいくらですか?

Q.お金についてのエピソードを教えてください。

家から出たら使ってしまうので、家から出ないようにしてます。妊娠中や暑い時期、寒い時期は家から出ないので自然と節約になります(笑)。(キュラン)

●夫婦ともにお小遣い制ですが、毎月すぐに使ってしまいます。お年玉などを貯金している娘がいちばんお金持ちです。(ゆず)

●自営業のため、毎月の変動がかなりあり、固定で貯めるということが毎月できないです。(かな)

●思いがけず浮いたお金を、「浮いたお金貯金」と名付けて封筒に入れて貯めています。どうしても欲しい物に出会ったときは、この中から拝借し、購入しています。あぶく銭なので罪悪感も少なく、おすすめです。(ぴかりんご)

決まった日に、貯金用の通帳に決まった額を送金する設定に。たまにこの存在を忘れていて思い出したときにお金があるのでありがたいです(笑)。(ごんちゃん)

●子どもの児童手当は子どもの口座に入れて自分たちと分けています。(みづき)

●家計簿はつけているけれど、レシートが溜まってからつけているので、結局使いすぎていても気づかないことがあります。(きゃらめる)

500円玉貯金をしていました。貯まったらそのお金で旅行に行くことにしています。(メロンパン)

金券ショップをフル活用しています。薄利多売のビジネスモデルですが店舗によってポイントカードサービスを実施していて、激戦区の大阪駅前ビルで1円でも安く購入することにこだわっています。(ちなつ)

投資信託を毎月自動的に購入しています。増えているのを感じることができてとてもうれしいです。(Comichi)

Q.お子さまの習いごと(幼児教育系)は何歳頃からさせたいですか(させていますか)?

Q.お子さまの教育では何を一番大事にされていますか?

Q.あなたの子育てについての教育方針を教えてください。

●迷惑をかけること以外はできるだけ叱らないようにしています。(ナタ)

●基本的にはなんでも挑戦し、自由にのびのびと楽しく育ってほしいと思っています。挨拶やお礼がきちんと言える子どもになってほしいです。(ぷにも)

嘘をついてはいけないと言っています。怒られることをしたなら正直に言いなさい、怒られるのが嫌ならはじめからしない、先にどうなるか予想して行動しなさい、行動に責任を持ちなさい、と言っています。(4人の母)

「ホウレンソウ」をしっかりするように伝えています。また、まだ幼くわからないことがあってもしっかりと説明するようにしています。自分がされてイヤなことは、人にはしない!はもちろんのこと、相手が笑顔になれるようにするにはどうしたらいいか考えるような機会をつくっています!(しろくまごおり)

友だちを大切にするように、と伝えています。私が子どもの頃、引っ込み思案で友だちが少なく、今思えば寂しかったですし、もっといろんな経験ができたなと後悔しているので、子どもたちには友だちと楽しく過ごして、さまざまな経験を積んでほしいです。(ガチャ)

自分の方がすごいとか、自分ファーストという考え方をしないように教えています。してもらってうれしいと思うことを考えて周りの人に接するように言っています。(ちゃんかな)

なるべく肯定的な言葉でしゃべるようにしています。現実は「あかん」と注意してしまいがちですが。(あいあい)

勉強ができれば何にでもなれるし、お金を稼ぐ知恵が身に付くと思います。一生生活に困らないし、生きる世界が広がるだろうと思います。(MEIちゃん)

いかがでしたか?ママのアドバイスなどを参考にしてくださいね。

子どものために今から備えよう!どう貯める?教育資金 教育資金の賢い貯め方 - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

子どものために今から備えよう!どう貯める?教育資金 教育資金の賢い貯め方 - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
子どもの将来の為に準備しておきたい「教育資金」。教育資金は、少しでも早いタイミングから準備していくことがポイントに。賢く貯める方法を学ぶ前に、まずは日頃のお金の使い方の見直しから始めましょう。
こちらの記事も参考にしてね!

子どものために今から備えよう!どう貯める?教育資金 何が違うの? 公立・私立を徹底比較!! - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

子どものために今から備えよう!どう貯める?教育資金 何が違うの? 公立・私立を徹底比較!! - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
将来、子どもを公立に通わせるのと、私立に通わせるのに、どれくらい教育資金に差があるのか、どれくらい掛かるのか、不安に思ってるママも多いはず。1年間にかかる公立と私立の小学校の教育資金と特徴を比較してみましょう。
18 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended