Myエリア設定

保存

災害に備えよう! もしもの時の行動マニュアル

災害はいつ起こるかわかりません。いざという時も慌てず落ち着いて行動できるように、 地震が起きた際にとるべき行動を再確認しておきましょう!

もしも地震が起きたら・・・

1.まずは身の安全を確保

揺れを感じたら危険なものから離れて身を守ります。クッションや座布団で頭を守り、家具の転倒や落下物に注意しながら、揺れが収まるのを待ちましょう。

2.家族の安否と火元の確認

揺れが収まったら近くの人の安否を確認。火を使っていた場合は、火が小さいうちに消し止めます。火の勢いが強い時は無理せずその場を離れましょう。

3.出口を確保

近くのドアや窓を開け、出口を確保。あわてて外に飛び出すと危険な場合もあるので、ラジオなどで状況を確認してから行動しましょう。

4.状況に応じて避難

非常持出品を持って徒歩で避難しましょう。避難する前に、必ずガスの元栓を閉め、電気ブレーカーを切っておきます。

家族会議をしておこう

家族の間で災害が起きた際の行動をあらかじめ決めておきましょう。具体的な待ち合わせ場所や時間、連絡手段を紙に書き、常に携帯しておくと安心です。

こんな時どうする!?

お風呂トイレにいたら・・・

まずは扉を開けて避難経路を確保。洗面器などで頭を守りながら揺れが収まるのを待ちます。トイレの場合は落下物に注意し、断水していたら水は流さずに出ます。

屋外にいたら・・・

ビルなどの建物、ブロック塀、看板、電柱、自動販売機などの落下や倒壊の危険があるものから離れ、かばんで頭を守りながら、公園などの広くて安全な場所へ避難します。

スーパーにいたら・・・

陳列棚から離れ、かばんや買い物カゴで頭を守ります。揺れが収まったら係員の指示に従って避難しましょう。

に乗っていたら・・・

ハザードランプを点灯して徐々に減速。近くの空いているスペースに仮駐車して様子を見ます。

エレベーターに乗っていたら・・・

すべての階のボタンを押して最初に停止した階で降ります。閉じ込められてしまった場合は、インターホンや非常ボタンで管理センターへ通報し救助を待ちましょう。

電車に乗っていたら・・・

立っている場合はつり革や手すりにしっかりつかまり、座っている場合は姿勢を低くしてかばんなどで頭を守ります。勝手に降車せず、乗務員の指示に従って行動しましょう。

海岸にいたら・・・

津波が生じる可能性があるので、すぐに高台や頑丈で高い建物に避難します。津波情報を確認しながら、警報や注意報が解除されるまで海岸には近づかないようにしましょう。

山間部にいたら・・・

落石や土砂崩れの危険があるので、急いで斜面や崖から離れます。土石流は谷筋に沿って流れるため、振動や地鳴りを感じたら、谷筋とは直角の方向に避難しましょう。

教えてくれたのは・・・

危機管理教育研究所 代表 国崎 信江 さん
危機管理アドバイザー。防災・防犯・事故防止対策を提唱し、行政・企業・マンションなどのリスクマネジメントコンサルを行う。防災・防犯に関する執筆・監修図書多数。

国崎信江の防災・防犯対策 | 危機管理教育研究所

国崎信江の防災・防犯対策。防災・防犯の講演、取材等は危機管理教育研究所にご相談ください。

いかがでしたか?参考になりましたか?
他の関連記事はコチラ↓↓

災害に備えよう! もしもの時の準備をしよう - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

災害に備えよう! もしもの時の準備をしよう - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
突然の災害から身を守るためには、日頃からしっかり準備をしておくことが大切。今すぐ実践できる、災害への備えをご紹介します。

家庭での防災について教えて!ママのクチコミアンケート - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」

家庭での防災について教えて!ママのクチコミアンケート - ママのお出かけ応援マガジンサイト「まみたん」
災害が多い国だからこそ、いざという時、慌てず行動できる様に、準備しておきたい、備蓄品や避難バッグの中身。何を用意したら良いか、何日分の食料を備蓄しておくべきか、考えてるママも多いのでは?今回は、皆が、災害に備え防災している事などをまみたんママに聞いてみました。是非、皆さんの防災の準備に役だてて下さい。
39 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended