Myエリア設定

保存

チェック!まみママ|歯磨き上手になれるベビー&キッズ用歯ブラシ

乳歯が生え始めた頃からはじまる子どもの歯磨き。 自ら進んで歯を磨く習慣を身につけさせたいママに、成長に合わせてトレーニングできる歯ブラシをご紹介! 毎日の歯磨きタイムをもっと楽しもう♪

曲がるん歯ブラシ ベビー用 ★1~3歳★

折れずに曲がって安心・安全!

ヘッドが曲がって適切な歯磨き圧(歯科医推奨約150g~200g)で磨ける「痛がりにくく、イヤがりにくい」歯ブラシ。また、折れずに曲がってのど突きなどの重大な事故が起こりにくいのでママも安心。

583円(希望小売価格)/カラー:黄色/サイズ:長さ127.6mm/素材:ブラシ・ナイロン610、柄:硬質部ポリプロピレン、ラバー部:EPDM/ポリプロピレン/毛の硬さ:やわらかめ/耐熱温度:80℃
日本パフ株式会社

★メーカーさんに聞きました!子どもの歯ブラシ選びのポイントは?

子どもの歯ブラシを選ぶポイントは、①小さな口でも動かしやすい「ヘッドは小さめ」②握ることを覚えるために「握りやすさ」③歯ぐきを守る「毛がやわらかく密集している」です。本人に持たせる場合、3歳頃までは安全を考慮した歯ブラシにしましょう。仕上げ磨きは、上手に歯を磨けるようになるまで続けてあげてください。小学校高学年までは確認してあげましょう。

シリコン歯ブラシ 《ぴから》 ★6ヶ月~1歳半★

やわらかいシリコン製ブラシ♪

歯磨き習慣が自然と身につく、シリコン歯ブラシ。おしゃぶりや歯固めとして使えるほか、歯磨きトレーニングとしても大活躍。歯ブラシへの移行もスムーズになり、実際に歯が生えてからのお手入れがラクに。

734円(税込)/カラー:黄色×紫/サイズ:H90×W65×D10mm/素材:ナイロン66、シリコンゴム/毛の硬さ:やわらかめ/耐熱温度:100℃
ファイン株式会社

★メーカーさんに聞きました!子どもの歯ブラシ選びのポイントは?

はじめて歯ブラシを持つ赤ちゃんには持ちやすく、のどを突く事故を防止できる安全性の高い形状のものを選ぶとよいでしょう。お子様は、歯磨きの際に歯ブラシがはぐきに当たると痛くて嫌がってしまうので、仕上げ磨き用はやわらかい毛がおすすめです。歯ブラシの交換時期は、ブラシの毛に弾力がなくなってくる1ヵ月を目安に交換しましょう。

ソニッケアー キッズ ★4歳~★

音波水流で歯垢を除去

ハンドルにBluetooth®を搭載した電動歯ブラシ。スマホやタブレットに無料のオリジナル歯磨きアプリをインストールすると、ブラッシングのポイントを動画で教えてくれたり歯磨きをするたびにご褒美のアイテムをゲットできたりと、ゲーム感覚でモチベーションを高めつつ、正しい歯磨きを学べる。

10,778円(参考価格)/カラー:アクア/サイズ:H232×W34×D34mm
フィリップス・ジャパン

★メーカーさんに聞きました!子どもの歯ブラシ選びのポイントは?

お子様の歯ブラシはヘッド部分が小さいもの(およそ乳臼歯2本分が目安)が使いやすいとされており、毛はやわらかすぎず、コシがあり、歯ブラシの柄は握りやすいものがよいです。また、歯ブラシ選びだけでなく、正しい歯磨き(歯ブラシの当て方、磨き方、時間のかけ方)を行い、ご家族協力のもと楽しい歯みがきが身につくようにすることも重要です。

HUGGLE 育児歯ブラシ pawooo ★0歳~ ※乳歯が生えてから★

曲がるネックで歯や歯茎にやさしい♪

赤ちゃん用の毛先が細くやわらかい360°歯ブラシと歯固めが一体化した育児歯ブラシ。小さな子どもの手にも握りやすく、リング型のでっぱり部分がのど突きを防止。子どもの歯磨きトレーニングやママの仕上げ磨きもバッチリ!

1,080円(税込)/カラー:赤/サイズ:H100×W50mm/
素材:柄の材質 PP、TPE、毛の材質 ナイロン/毛の硬さ:やわらかめ/耐熱温度:80℃
三誠株式会社

★メーカーさんに聞きました!子どもの歯ブラシ選びのポイントは?

お子様が安全に楽しんで歯磨き習慣を身に付けられる、歯磨きを好きになってくれる保護者様の働きかけがとても大切だと思います。また、お子様の健康な歯を作り上げるには、歯の生え始めたときからの保護者様の仕上げ磨きが大変重要になってきます。仕上げ磨き時の機能性や操作性を考えてできている歯ブラシを使ってあげてほしいです。

16 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended