Myエリア設定

保存

働くママの育児|ともに育つ・育む

働くママには不安や悩みがつきもの。 子育てと仕事を両立するコツや周りの人とのかかわり方のポイントなど、 仕事と育児の両立支援家として活動中の文野先生にアドバイスをいただきました。

帰宅後すぐ大忙しのママ。構ってほしい子どもへの対処法は?

働くママはとにかく時間に追われているため、子どもと十分にスキンシップをとる時間がないことにお悩みの方も多いでしょう。特に帰宅後すぐは、構ってほしいお子さんと、夕食の支度や洗濯の取り込みなどに追われるママとのバトル。保育園のお迎えが17時頃になると、子どもはお腹がすいて、「家に着くとすぐに食べられる」と思いがちです。朝出かける前に「帰ったらママはごはんの支度をするから絵本を読んでいてね」など、先に予定を伝えておくことでお子さんの心の準備ができる場合があります。お手伝いをさせて気を紛らわせるのもおすすめ。どうしてもお腹がすくなら、朝に小さなおにぎりをにぎっておいて、帰宅後すぐ食べられるようにしておくとよいでしょう。

子どもの急な体調不良に備えてママができることは?

子どもの体調は読めないもの。そのため、仕事を先延ばしにしないことはとても重要です。万が一の時に備えて会社のメールを常に見られるように設定したり、大切な会議や打ち合わせがある時は事前にパパにも伝えておき、急な対応ができるようコミュニケーションをとっておきましょう。家族での事前対策が最も重要ですが、職場や同僚、ママ友、祖父母など、頼れる存在をキープしておくことも必要です。ファミリーサポートに登録しておくといざという時に心強い味方になります。

子どもが長期休みの時のテレワーク…対策は?

子どもの相手をしながらのテレワークは思うように進まないものです。少しお金はかかりますが、長期休みの場合は子どもだけで行くキャンプや合宿に参加するのもよいと思います。学級閉鎖の場合は、オンラインの講座を探すのもよいでしょう。通常の振替日などで子どもが休みの際は、屋内遊技場など限られた空間で子どもを遊ばせながら、ママは休憩所で仕事をするという手もあります。

働きたいけど働けない…。復職したいママの心構えとは

復職・再就職したいけれど、子育てと両立できるか不安という方も多いようです。しかし、最近は完全在宅の仕事も増えています。もしブランクが長いようであれば、スモールステップをおすすめします。例えばフリーランスサイトなどへ登録し、今できそうな仕事に応募して自信をつけていくという方法もあります。拘束感があまりないので比較的働きやすいのがメリット。そこで自信がついてきたらパートへ、そして社員になることを目指していくという方法もよいと思います。

働くママに立ちはだかる「小1の壁」の対処法は?

小学生になると、環境の変化や子ども同士のコミュニケーションの複雑化、宿題やプリントが増えることなどで子どもの心身が不安定になり、親のフォローが必要になって育児の負担が増えることがあるようです。これが「小1の壁」です。まずは一人で抱え込まない、悩まないことが大切。どのような壁が想定されるかを書き出し、その解決策をパパと一緒に考えていきましょう。ママだけが頑張る必要はありません。職場にも子どもが小1になることをあらかじめ伝え、利用できる制度の確認などをしておきましょう。

心穏やかに過ごすコツは「しない」ことを作ること

毎日忙しいママは、他愛のないことでパパや子どもにきつく当たってしまい、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるかもしれません。そんな時には「物事の切り分け」がおすすめです。例えば、子どもが時間になってもお風呂に入らないと、ついイライラしてしまいますよね。しかし、それは子どもの問題であり、ママの問題ではありません。「ママは今、入った方が良いと思うよ。寝る時間も遅くなるし、朝つらくなるから。あとは自分でどうしたらいいか考えてみて」と伝えてみましょう。ママはなんでも当事者のように介入してしまうので、やる事が多いように感じてしまいますが、子どもに判断を任せることで精神的に少し楽になります。その他は「○曜日は料理をしない」など、ママ自身が「しないこと」を作ることで、心の平和は保ちやすいでしょう。

子どもの人数と雇用形態

※厚生労働省『出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業(平成26年度厚生労働省委託調査)』より作成

教えてくれたのは… 

Senro 代表 文野 陽子 さん

「女性が生き生きと働き続けられる風土醸成」を実現するため、採用コンサル・仕事と育児の両立支援家として活躍。2児の母で、2021年5月に第三子出産予定。著書に『テレワークの労務管理のツボとコツがゼッタイにわかる本』(秀和システム)など。

22 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended