Myエリア設定

保存

風しんの抗体検査や予防接種を受けましょう!

風しん(3日はしか)の発生が増加しています!風しんから、あなた自身と周りの人を守るために、風しんに対する抵抗力を確認・獲得しましょう。

風しんとは・・・

風しんは、感染すると約2〜3週間後に、発熱や発疹・リンパ節の腫れなどの症状が現れます。まれに脳炎などの合併症をおこすことがあるので、決して軽視できない疾患です。
また、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障などを引き起こす可能性があります。これを先天性風しん症候群といいます。

感染経路は・・・

風しんウイルスに感染した人の咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。

風しんに感染すると何が問題なの?

・電車や職場など人が集まる場所で、多くの人に感染させる可能性があります。
・妊娠早期の妊婦に風しんを感染させると、赤ちゃんが先天性風しん症候群になる可能性があります。
・成人は、小児に比べて症状が重くなることがあります。

風しんの予防には、予防接種が有効です

小児の場合

MRワクチン(麻しん、風しん混合)の定期接種を受けましょう。
【1回目】1歳
【2回目】小学校修学前の1年間(5歳以上7歳未満)

成人の場合

まずは、風しんへの抵抗力を確認するため、抗体検査を受けましょう。
風しんへの抵抗力が無いこと(抗体なし)がわかった場合、風しんへの抵抗力(免疫)をつけるため、予防接種を受けましょう。
注)妊娠中は、風しんの予防接種を受けることができません。

大阪府/【大人の風しん対策】先天性風しん症候群対策事業について

大阪府/【大人の風しん対策】先天性風しん症候群対策事業について

健康医療部 保健医療室 医療対策課
TEL 06-6944-9157

14 件

この記事を書いた人

まみたん編集部

Recommended